2016
09/18

COMMENTS:
No Comments »

キャリアコンサルタントに向いている人

フリーランスでキャリアコンサルタントを行う人材に求められる能力としては、蓄積した経験をどのように活かすかを心得ていることが挙げられます。就職活動を行う本人ですら把握していないような活用方法を提案できるような人材が、就職希望者にも企業にも求められるわけです。そのような適切なマッチングを行えるフリーランスのキャリアコンサルタントは、引く手数多となります。
そのために必要なのは、自身がまず自分の経験をどう把握できるかということになります。よって、どのような業種においても必要とされるビジネススキルが、どのようなものかを知っておくことが必要です。そのために、自分自身がそのような能力を取得しておくことが大事となります。つまり、さまざなな職種に携わることによって、共通するスキルを自身で理解する経験も役に立つものです。なおかつ、そのようなスキルを実践し、どのように活用できるのかを実感することも大切ではないでしょうか。このような経験を持っている人材は、適切なマッチングを行うことができるようになります。その結果、就職希望者のキャリアを十分に発揮できるような就職先を、的確に提案することができるようになるのです。また、企業が必要とする人材を的確に紹介することもできます。
フリーランスであれば、自分の采配で活動することができるでしょう。そのため、依頼者が希望する時間帯に打ち合わせを行うことも可能です。その結果、無駄な時間が生じることなく、効率良く活動することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です